メイン

ちょいweb アーカイブ

2006年08月24日

インフルエンサーが選んだ1位は「タモリ」

http://japan.internet.com/wmnews/20060807/5.html

ちょっと面白いなーと思った。

インフルエンサーにも大なり小なりいて、毎日毎日その人と、その人から情報を得る人たちの中での常識ができていくのだろう。

その、インフルエンサーというやつが威力を発揮できる場所がどんどん増えていって、その人から情報を得る人たち、影響を得る人たちの1まとまりは小さくなり数が増えるみたいな感じなんだな。
きっと。

それでもタモさんは1位でいてほしいと。

2006年10月16日

パラダイムシフト

以前、
都合のいい言葉
というエントリをかきました。
が、
最近、ちょっとずつマーケティングがわかってきたような気がする。
手法とかはまだまだですが、言葉の意味や空気的なもの。

このエントリで

以前は、企業が産み出す商品自体が「マス」を対象にしたものが多かったからこそ、マス・マーケティング、マス・メディアが“効いていた”。しかしながら、最近はよりコンシューマのライフスタイル・嗜好の細分化にあわせた商品が多数産み出されてきているため、そのマーケットサイズにあわせると「マス」なメディアがフィットしなくなってきてるケースも多いのである。

以上のように書いていらっしゃる(恐れ多い)けれど、ここのところこういう話を耳にする、または肌で感じることが増えた。
前者の「マーケティング」を不必要だと思わない。
マーケティングが生業の一部になって長い人たちのパラダイムシフトは難しいし、それに絶対必要だもの、そういう知識。。
今、自分の仕事上含め接点が多い部分に後者めいたところが多いからって、
「AIDMA」なんて古いぜ。時代は「AISAS」だぜ、なんて言うような人に、
後者がわかったふりで「マーケティング」のやり方は変わったんですよ。
って言うような人にはなりたくないので、やっぱマーケティングは一から学ぶほうがよいのですね。

 自分の興味が、最近マーケティングのほうを向いているなーと思う。

2006年11月26日

ネットショッピング、ページ遷移-体験談-

11/24、Amazonからのメールが来る。
フレンズ 1st-10th コンプリートセットに惹かれてそのリンクをクリックした。
とりあえず、コンプリートセットの詳細を確認。
63,000円かあ・・とため息をついたところで、Amazonのトップページへ。
ページ最下部までスクロールしてみる。
暖房機の特集中で、その中に気になる商品発見。
「電気毛布・ひざ掛け」写真は、確実にひざ掛け。電気ひざかけぇ??と驚く。そんなの知らないと。今、デスクトップPCに向かって座っていて足元の寒い私にはかなり興味のある品。商品詳細確認。
SANYO 電気ひざかけ グレー系 BSH-12(H)

ほしい!!!これ買う!
一瞬で決定。
しかし、もうちょっと安ければ。。。と思う。
こんなときは、とりあえずカカクコム。を使う。でも、電気ひざ掛けなんかなかった。見つけられなかっただけか、ホントにないのかわからないけど。見つからなかったからもういいです、とYahoo!ショッピングと楽天市場で検索。
ちょっと安い商品を発見。でも、メーカーが聞いたことない。一応メーカーで検索してみるけど出ない。まったくでない。
でブログ検索してみて、高評価の意見を発見。もうちょっと数あればよかったんだけど。一件じゃサクラ書き込み・アフィリエイトのために高評価をつける場合もあるからなあ。。と思いつつ、やっぱり安さで選んでしまう。
電気ひざ掛け自体失敗する可能性もあるわけだし。
というわけで、楽天もYahoo!も同じ価格だったので、ポイントのあるYahoo!ショッピングで購入しました。

以上、備忘録。
結構面白いですね、自分のページ遷移・購買行動って。

2007年03月29日

Google Notebookが変わった!

今日、気づいたら変わっていました。

昨日の夜使っていて、ひとつのカテゴリにブックマークが増えすぎると
使い勝手が悪いなーと思っていたところ。
Notebookに移すと最後に見てたカテゴリに強制的にエントリされるので
まったく関係ないカテゴリにいつの間にか多くのブックマークがたまって
しまっていた。
それでそれを最適なカテゴリに移動させたいわけだけど、Ajaxで簡単には
移動できるんだけど、でも、はじめに書いたとおり、ひとつのカテゴリに
ブックマークが増えてしまうと、左のカテゴリ一覧がだいぶ上部になってしまい
ひとつひとつ移動させるのは厄介だった。

それが、いわゆるフレーム化されたことで左右別々の窓ができていて
移動が便利に楽になったのでした。
また、ブックマークごと、右上のボタンでカテゴリ指定もできるので
より便利。
Firefoxでの利用では、リンクを押すと今まで同じタブで開いていたのが、
新しいタブで開いてくれるようになったのもより良し。

使えるようになってまいりましたよ。ありがたい限り。
一度整頓しないとな。。

2007年04月02日

はてなの本を読んだ

株式会社はてな についての所感。
書きながら考えるんで文章おかしくなると予想。
では。

はてなに関して言うと身内で楽しむみたいな感じがしていて
入りにくいというイメージを持っている。

一応、インターネットの会社で働いているのだけど(だからなのかもしれないけど)
サービスを知ったときにはもう「そういう人たち」が集まる場だという
感じで見るようになってしまっていた。

私はサービスはちょこっと使って、だけど深入りしない。
私は、もともとインターネット上のつながり、SNSみたいなものに興味がなく
自分自身は1.0なので、これはどうしようもない。

はてなの本
はてなの本
posted with amazlet on 07.04.03
田口 和裕 松永 英明 上ノ郷谷 太一
翔泳社 (2004/09/09)
売り上げランキング: 198363
図書館で偶然この本を見つけたので読んでみる。 多少古いのでサービスも増えたり変わったりしてるだろうけど とりあえず、近藤社長のインタビューを読むことにした。 (とりあえず、とか言ってたらもうだめなんだろうな)

まったくといっていいほどこの人のことを知らなかったのだけど
多分、面白い人なんだろうなということは感じた。
共感する人は、ものすごく共感するんだろうなと。

私は、はてなに対して劣等感を抱いているというのが正直なところ
なのだと思った。

例えば、人気のはてなブックマークは誰が見つけたんだろっていうような
面白い記事や、ためになる情報、マニアックな情報がどんどん更新されていて、
そんな風に情報を収集している人たちや、そんな人たちを
集めることができる「はてな」というものに。

あと、いろんなところでそれなりのサービスやツールを使ってて
多分はてなでも同じような、もしくはそれ以上使いやすいサービスが
あるんだろうけど、もうめんどくさいんだよなあっていうのも大きい。
新しい情報を入れるということが。
やりすぎは良くない。
パソコンの前にずーっと座ってるなんて嫌だ。

だから、はまってしまいそうなものには、とりあえず手を出さない。
便利なのはいいこと。
でも基礎なく使うのはやだなって思う。

でも、はてなって、その壁がなくなったらダメなのかもと思う。
Yahoo!とかmixiとかのような大衆性はいらないのかもしれないと思う。
そこには、自分のほしい情報がある。
それはある程度のリテラシーを持つユーザーが多いから。
別に、おかあさんは使わなくていいんだな。っていう感じ。
mixiみたいになったら、きっと今のヘビーユーザーははてなを使わなくなる
んじゃないかな。

あと、ぱっと見あんまりかわいくないから女の子とかは使わないのかもなー
とか。
いやもう、全然知らないんでかわいくもなるかもなんだけど。

で、すごいすごいといわれる会社は、その分たたかれもする。

とか、つらつらと書いてはみたが、こんなこと散々論議されてるんだろう。
そういうことを思うとはてなダイアリーとか使わないでかってにこそこそ
完全自己満足でやっていくほうが自分にはあってるなあとか思うんだ。

2007年04月11日

ツール数々。

最近。
私が使ってるのって、一つ覚えのようにGoogleのサービスが多いと。
気づいた。

メール
・Gmail
メッセンジャー
・Gtalk
ソーシャルブックマーク
・Google Notebook
RSSリーダー
・Googleリーダー
写真管理、Webアルバム
・Picasa
予定表
・Googleカレンダー
その他
・パーソナライズド ホームページ
・ツールバー
・Analytics
・デスクトップ検索
・Docs and Spreadsheets(家計簿に。)

これって凄いな結構。。
多いっていうかもうそればっかりやないか。

深く知ってるわけではないけど、アホですなあ。
気持ち悪い。。。

2007年05月17日

市民にとっての2.0とは

http://docomo2.jp/top.html

Docomoの反撃が始まるとか何とか。
電車内広告やTVCMが大々的に始まり、冒頭で貼り付けたサイトも本日グランドオープンの運びとなった。
CMプランナーを務めたのは多田琢氏タグボート。
浅野さんも妻夫木も元々auじゃんかよーと。CM作ってたのもこの人じゃなかったっけなー。

私は「au」っていう会社名になったときからauユーザーなのもあり今更乗り換える気もないけど
DocomoのCMはちょっと楽しみになりました。
期待を裏切らないで貰おうか。

「そろそろ反撃してもいいですか」

だったっけ。
じゃあそれなりのものが見れるのだろうと。期待しております。

でも。

「Docomo2.0」ってどーなんっていう話で。

私は、去年ピークを迎えて終焉を迎えつつある、「Web2.0」という言葉を知っている。
去年はホントに、タコができるほど聞いたキーワードだった。
今はというと、ブームが去ってちょっと今更な臭のするものへと成り下がっている。
死語間近。なのではと、思いさえする。
このブログのカテゴリにも「Web2.0」っていうのがあったけど、恥ずかしくなって消した。
Webだけじゃなくてなーんかいろいろなものに2.0をつければ最新っぽいよね!みたいな
風潮があった。Mobile2.0とかマーケティング2.0とかさ。
ネットとか、マーケティングとかそういう業界で働いている人はたいていそういう感じで今いると思う。
完全に、流行語は2006年で終わった。

今回のDocomoの広告を見たとき、
・・・2.0。って今更ねーだろ。。って正直思った。
でも、だが、一般の人はそうでもないのが事実。
友達に
「2.0ってどういうことかわからん」
といわれた。

知ってる人は、ちょっと残念な気持ち。
知らない人には伝わらない。

これってどうなんでしょう。

今から流行らせる気なのかな。
でも、ブームを起こすインフルエンサーたちには「2.0」は目新しくなかったりしてね。

普通に考えて2.0というとやっぱり、、視力なんじゃないかって思うんだけど
どうでしょうか。。
Docomoって目がいいんだね。
みたいな・・・。

追記。
「ドコモ2.0」でぐぐると、Docomoサイト5位だけどいいの。。?(5/17現在)
とかなんだかんだ言って、Docomoサイトのスクリーンセイバーリリースされたら使ってやろうと思っています。どうも。楽しみにしてます。

2008年02月25日

ノートPC購入に関する備忘録

3週連続かもしれない。
当分行きたくない、秋葉原・・

それはノートPCを買うため。
はじめはノートか、デスクトップかから迷っていろんな人に意見を求め、
どんどん深みに、、。

値段、CPU、メモリ、大きさ、重さ、デザイン。。。
何を重要視するかですら、決められなかったのだが。

でもやっとこ購入しました。
FMV。
なぜか。。

でもよかったんです結構。

http://www.fmworld.net/product/hard/pcpm0712/biblo_loox/mg/lineup/index.html#cat02
これ!

今回けーっこうたくさん見たけど、バランスが一番よかったのです。
やっぱCore2Duoの2GBっていうのがはずせず、一応今後も考えてまだメモリ載せれることも
よかった。いらんと思うが。。
で大き過ぎない、重過ぎない。
んで結構シンプル。
なじむ系。

結局19万くらいしたんだけど、その日は安くなってて、プラスポイント20%だったから値段は妥協。

友達が薦めていた、ドスパラも見に行った
http://www.dospara.co.jp/galleria/feature.php?v17=793&v18=0&v19=0
その子が言ってたのはデザインがちょっとなーって感じ、あとちょっとでかい気がした。
http://www.dospara.co.jp/goods_pc/feature.php?v17=618&v18=0&v19=0
これが結構小さくて安かったけどスペックが、、納得いかなかった。
デルはキーボードが気に入らんし、だって右上角にHomeキーがあるもの。。
同じような理由でmacbookは絶対無理だしなー。
ちょっと気になったのはEeePC。
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080117_eeepc/
安いし。小さい。
使えると言うレビューもいくつか見たし。
在庫ないっぽかったけど。売れてると、、。

とりあえず。さくさくです。
かもめ食堂もこれで見たとです。

今回、感じたのは私にはデザインは結構大事なんだなーと言うこと。
かっこいいデザインはいらないけども。
なじむっていうのがよい。

デジカメ買うときも思ったけど、どれだけしっくりきてるかって大きい要素だなーと
思うのです。
納得いくものが今回買えたのでよかったです。
でもFMVとは思わなかったな。。
なかなか売れ筋商品だと言うことです。

2008年03月08日

邪悪な広告と邪悪ではない広告

このタイトルの件に関しては、この何ヶ月か少し考えていたテーマではあるのだけど
とりあえずまとまりはしないので文章にしてみる。
この「邪悪な広告」という表現は、ある人が私の前で口にした言葉だ。そんなにこれに関して議論したわけではないがこの言葉の響きが、妙に離れなかったので考えざるを得なくなっていた。
なぜ、この邪悪な広告という言葉がこんなに気にかかったかを考えてみようと思う。

特にインターネットの広告に関して。

ポータルサイトであったり、それに近い何か無料のサービスをユーザーに提供しているサイトを持っている企業は、大なり小なりとりあえず「媒体」である。
(広告代理店の経理担当なんかにしたら、みんな同じ扱い。天下のグーグルも馬の骨ポータルも。
星の数ほどの仕入先。毎月毎月消えては増える。大変そう・・)
インターネットで何か新しいサービス、商品を。となったとき、じゃあどうやって利益を得るかとなる。
一般市民は、無形サービスにお金を払うことをあまりしない。ソフトやツールはフリーの同じようなのがそこらへんに転がってるだろと思うことは間違いないので、無料のサービスを提供してPVや会員を増やして、広告載せてお金とってというところに落ち着くのがパターン。はい、媒体のできあがり。

そんな中、これはひどいなーっていう広告の出し方は幾度か目にした。
SEOのためのリンクも併せて。。

でも、邪悪っていうのとは違うーって思った。
邪悪っていう言葉ってちょっと怖いっていうか、それは絶対に受け入れられないって言う意味が感じ取れる。

ネットの世界は新しいサービスが出来るのも早いが、消えるのも早い。ある枠に広告を載せたいと思う人が多いほど、その広告枠は存続は長いだろうということになる。
ほしい人がいるから売る。
いなかったらなくなる。
もしもそれが邪悪な広告と誰かが思ったとしてもだ。
邪悪ではない広告がガンガン売れるかというとそれも違う。

媒体の質によるんだろうなと思う。
あんまりよくない広告の出し方をしてたとしても、そのサイトの情報が優れたものだったらユーザーは集まり、評価は上がるだろう。広告も売れる。

一部のインターネットマニアみたいな人たちは、まー私も含めて。こんなとこに広告出してまで売りたいか?とか思うけど一般の多くにとっては関係ないものなのだろう。

結局のところ実際私が引っかかったのは言葉の使い方だったのかと思った。
邪悪っていう言い方が気に入らなかったのだと思う。

悪質な広告はあると思うけど、出し方に限っていえばどこのサイトも大差はないと思う。
まあバランスよくやるのがいいよね。

まとまらなかった。。今日も。。

続きを読む "邪悪な広告と邪悪ではない広告" »

2008年05月29日

infoseekマルチ辞書のAdSence

http://dictionary.www.infoseek.co.jp/
私がお世話になっている辞書です。
この辞書がいいのは、英和 和英 国語 カタカナ が一括で調べられるところです。
業界の傾向なのでしょうが、共通語としてのカタカナ語が多いのでカタカナ辞書は(そういえば最近使ってないけど)お世話になってきました。

あと、履歴が出るのも便利です。
自分の調べたことの履歴って面白いし、備忘録になったりします。

この間、あるキーワードを調べたとき、ふとアドセンスが気になりました。
キーワードは「伏線」。
%E7%84%A1%E9%A1%8C.bmp

これちょっとおもしろーと。
ワンピースって、そういえば伏線の多い漫画だったかと思うけど、だからなのでしょうか。。

ほかの辞書って、英会話とかそっちに紐づいてくるのが多いと思うけど、
この辞書は、素直な感じでキーワードにアドセンスが関連づいてくるのが面白いです。
わかりやすいなあと。

2008年08月29日

視覚・聴覚・触覚で感じるWebデザイン

中村勇吾のインタラクティブデザイン展を終了日2日前に見に行った。

http://tha.jp/exhibition/

気持ち悪いと、気持ちいいは紙一重なのかと。

ひとつひとつの展示っていうより空間が作品。
ひとつひとつも引きつける魅力がありなんだか何も考えることもできずただただ眺めていた。
一分ごとに全てのモニタが赤緑青と秒を刻むのでそのたび正気に戻される。

なんだかずっといると、頭がおかしくなってしまうんじゃないかと。
何も考えられなくなって気が狂ってしまうのがかっこいいみたいなのって、あるよね。

気持ちいいんだけど結構、ギリギリのラインをうまいこと見つけてる感じがした。
さすがっす。
これがあれか、

「言語に依存しない気持ちよさ」

以前、NHKのプロフェッショナルで言っていた。

NBOの参考記事)

私はこれが好きです。MORISAWA fontpark2.0。
http://fontpark.morisawa.co.jp/
音と、感触が絶妙。

About ちょいweb

ブログ「タイクツカラ」のカテゴリ「ちょいweb」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

次のカテゴリはアートです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34