メイン

広告 アーカイブ

2007年04月09日

電車の広告もここまでとは。

http://www.submedia.co.jp/

銀座線にはほとんど乗ったことがなかったと思う。
今日はじめて知ったんだけど、
溜池山王駅から赤坂見附の間、動くトンネル広告という広告が
電車の外に映される。

今日はGUAMのCMだった。
ホントに何のうわさも聞いたことがなく、ただただすっげーっと
びっくりした。
他のだれも動じてなかったけど。。

社内アナウンスで、「今から右側にCMが流れまーす」って
放送され、「え、?」と思ってみていると、急に明るくなり、
映像が映し出される。
今日のCMは、グアムの美しい風景が流れていた。
結構いいなと思ったのは目新しいからだろうか。

広告も数多いけど、業種によって打ち出し方は異なっていて
このタイプは魅せて興味を引かせるもの、に限定されるだろう。
この電車広告は、2年位前からあって(!)
はじめは燃焼系アミノ式のCMが流れていたみたい。
あれはインパクトあるもんね。

立地も固定されてるし、そのせいでターゲット絞られるから、広告効果が結構具体的に
提案できるんじゃないかなと思うんだが、今までどんな感じなんだろ。
でもかなり使える企業は絞られちゃうよな。
あと、高いのかなーやっぱ。と。

一応同じ広告業界なのに全然知らなかったなんてなあ、と、広告の奥の深さというか
貪欲さを感じました。

2008年01月15日

80歳記念電鉄

今日も小田急線に乗ったわけだが、なんだかいつもとは違う車両が
ホームに入ってきた。

なんだか今日のは特別派手だなーと、よく見もせず乗り込む。
実際車両のラッピング広告って派手なわりによく見ることができない。
バスのように電車は歩行者の脇を走らないし、急いでる人たちにどれほどの
効果があるんだろうと思うところはある。
よっぽど世田谷線のほうがよく見えるんじゃないかなと。
ゆっくり走るし。

電車に乗り込んだあと、ふと見ると、車両全部が広告ではなく、
言ってみれば展覧会のようになっていた。
子どもたちの描いた電車の絵がずらっと並んで展示してあり、
なんとも面白い空間。

そこで、この車両がその中のひとつだということに気づき、
電車を降りてからも、電車が行ってしまうまで車両をみていました。

電車の展覧会は1車両ではなく全車両。
これはいいなーと思った。
やっぱ、子どもたちの発想力って半端ないし、おもしろい。
それに、電車ん中に電車がたくさんあるって言うのもおもしろい。
でラッピングもしちゃって、子どもからしても夢のようなことだし
その上、小田急線のイメージアップもできる!
これ結構単純だと思うけど、やるなーっておもいました。
80周年、うまいこと使ったと思います!えらそうですが、なんか楽しかったのです。

http://www.odakyu.jp/80th/event05_topics/07.html

運行区間は新宿駅~新松田駅間(小田原線)/新百合ケ丘駅~唐木田駅間(多摩線)で、2008年3月末までの期間限定運行

もう一回乗れたらいいなー。

About 広告

ブログ「タイクツカラ」のカテゴリ「広告」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはアートです。

次のカテゴリは映画です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34