メイン

読本 アーカイブ

2006年09月13日

理由なく好き

http://www.bigart.gr.jp/members/yoshitake/index.html

ちょっと前に、そういえばサイトとかあるのかなーって検索したら、いた。

ヨシタケシンスケ氏のサイト。
偶然本屋で「しかもフタが無い」を見つけて、
なんとなく買ってしまってから、
ずるずると引き込まれてしまいました。

しかもフタが無い
しかもフタが無い
posted with amazlet on 06.11.30
ヨシタケ シンスケ
PARCO出版
売り上げランキング: 81558

サイトでしか購入できない本があるもので
注文をしたところ、宛名の字
確実に本人の字じゃないですか。。
ちょっとうれしかったです。

ヨシタケさんありがとう!

2006年10月26日

衝動買い、in BOOKOFF

夏目漱石をいまさらだが読もうと思っていた。
結構前から。
とりあえず、三部作、「三四郎」「それから」。
間違えて「門」ではなく「こころ」を買った。

だけど、それ以外にも、なんか2000円分くらい買ってしまった。13点。
Amazonからもそのうち2冊届くのに。。
読む時間あるのかな。

でもすげー気持ちいいものです。
新書で買えば5倍くらいの値段になるから、BOOKOFFはありがたい。
そして、「古本屋」では買いにくいベタな本、(夏目漱石とかね)が買いやすいからいいのだ。
週末は古本祭りに行くのだ。
とりあえず、読まなかったをなくします。

2006年11月05日

「こころ」を読んでみた。

読書。
であった。
これこそ読書、だと。

趣味:読書

とかって書くこともあるけれど、
ビジネス書とか、仕事関係上読まなければならない(読みたいも含めて)本、あとその他小説、エッセイなど、本は幅広いです。
こころを読んで、夏目漱石を読んで、
あ、本を読むってこういうことだ、ってなんとなく思ったのです。
私が、今更ながら漱石を読むのは「文学」を感じるためだったのかも。

読んでの感想は置いておいて。
これを読まずして、文学とか語るなというような本を読んでいきたいと思う。
漱石とか、太宰とか、よく知らないでこの作家はこうだっていう誰かの思想に惑わされないようにしたい。

ただ、理解するにはまだまだかかりそうです。

こころ
こころ
posted with amazlet on 07.03.19
夏目 漱石
新潮社 (1952/02)
売り上げランキング: 3531

2006年11月07日

「くそ長〜いプロフィール」

漱石を読んだ後になんですが。。

私が、最初で最後に好きだったと言えるアイドルです。
元光GENJIかーくんの自叙伝。

くそ長ーいプロフィール
諸星 和己
主婦と生活社
売り上げランキング: 184783


古本屋でふと手にとってしまい、手放せなくなってしまって購入。
後押しもあり。。
これちょっと読みたいっていう人、実は多い一品だと思う。

好きだったのが幼稚園くらいだから、粗暴ぶりは全然知らなかったけど、絵に描いたような人生ですなー。そして日本人ぽくない。

きゃーサイトがあるー!
http://www.ka-kun.com/
かーくん.ドットコムやないかー!!
さすがだー。

なんか、フレンズのジョーイみたいだなあ。。
ほんとになんとなくだけど。

かっこよすぎて笑えます。
惜しげもないです。

1時間から2時間弱で読めます。
面白いです。

2006年11月12日

短編集というもの。

私は短編が好きだ。
映像もそうだけど、やはり本。

登場人物に変な思い入れもなく読めるところ。
「うた」みたいなところ。
短編でまとめられているのに内容は普通の小説以上にしっかりとしているものにめぐり合えること。

バイク乗りだったころ読んだ、原田宗典さんの「黄色いドゥカと彼女の手」「時々、風と話す」が好きだ。
バイクは2人しか乗れないから、16歳から乗れるからというようなことをノスタルジックな感じで短編に纏め上げているすごさ。何回も読んだと思う。泣けるし、笑える。
「バイクに乗っているときは一人ということに違和感がない」というような言葉がどこかにあったがそれが凄く共感できたのを覚えている。

あと、漫画でもいろいろあるんだけど、一番最近読んだのは魚喃キリコ(なななん きりこ)さんの短編集
これこそほんとにうたのよう。
自分もこんな部分あるなとか、ないなとか、こういう考え方もあるかと、
共感できたり、できなかったりはひとつひとつ違うんだけど。
書きたい部分だけを書くっていうことは実はものすごく難しいことだと思う。
それをこんなに違和感なくやってのけてしまうのはなかなかできないよというのが感想。

いろいろ伏線を張ったり、これも言いたいあれも言いたいってなってしまったりしがちだからこそ短編をうまく書き上げるのって相当労力が必要だと思う。
自分でも日々感じていることである。課題である。

2007年03月14日

ウンコな議論

ウンコな議論
ウンコな議論
posted with amazlet on 07.03.14
ハリー・G・フランクファート 山形 浩生
筑摩書房 (2006/01/11)
売り上げランキング: 49638

タイトルを見た時点で、結構、安易にとりあえず読もうと思った。
でも読んでみると、言い回しがかなり論文調で難解。
「ウンコな議論」という言葉だけが、そのほかの文章からかなり浮いた存在になっている。
そのせいで、その言葉の存在感はかなり大きいのだが。
哲学書だと思います。

アマゾンの解説には「爆笑必至」とあるが、かなり読解力が必要。
ふざけているからとの模様だけど、まだまだ勉強足らず。
どうやら、山形 浩生氏、この訳者が曲者の様子。

2007年08月05日

乙女の京都~夜は短し歩けよ乙女~

見てのとおり、私は京都が好きです。
日本たる姿にもかかわらず、現実離れしていて
異世界、の雰囲気が漂う。
どんな季節もそれぞれの魅力に溢れていて
では、それでは、京都。と、足を伸ばしたくなるのです。

この本のレビューで、京都が舞台ということだけ知りそれだけで
まっすぐ本屋へ向かってみた。
内容を期待していたわけではなかった。
京都の雰囲気を思い出せるなら内容が失敗でもかまわなかったのだけど。

かわいくて、情けなくて、不思議な2人とその周りの人々たちが
京都の町で織り成していく物語といえるのかもわからないファンタジーな
世界観。
いや、楽しく読めた。

黒髪の乙女の雰囲気は秀逸。
かわいいだけでなく、ただ不思議ちゃんなだけじゃない。
そして最後まで少しもその雰囲気を壊すことなく。
「オモチロイ」がちょっとツボだ。
彼女に恋をしないなんて嘘だ。
主人公の彼の必死さもかわいくて仕方ない。

とりあえず。
また京都へ行きます。
下鴨神社の下鴨納涼古本まつりへ行って来ようかと。
素敵な本との出会いを期待しつつ。
ラムネも飲みつつ。
少年を見かけたら、古本の神?とかちょっと思ってしまうんだろうなあ。。

夜は短し歩けよ乙女
夜は短し歩けよ乙女
posted with amazlet on 07.08.05
森見 登美彦
角川書店 (2006/11/29)
売り上げランキング: 402

みずうみの空気

いしいしんじさんの小説は、好きでいくつか読んでいる。
彼の作品には温度があって、読みつくと自分の周りが
何か温かいのか冷たいのかわからない湿気っているという感覚の
少し重ための空気になるような気がしている。
匂いに似た感じとも言える。
今回読んだ「みずうみ」という作品では特にそれを感じた。
内臓の辺りがなんだか重い感じで、読み進めたくないという感情が混じる。
でも、ページをめくらなければいけないという脅迫的な意思が伝わる。
なぞはなぞのまま終わる。
この作品を理解できたらわたしからもみずうみが生まれそうな気がする。

みずうみ
みずうみ
posted with amazlet on 07.08.05
いしい しんじ
河出書房新社 (2007/03/16)
売り上げランキング: 31536

2007年12月20日

最近ハマっているもの

http://www.4saiji.com/archives/2007/08/05213923.html
このエントリを書いたのは8月。

で最近になってこの方、森見登美彦氏の本を立て続けに読んでいて、
この門をくぐる者は一切の高望みを捨てよ
というブログも読んでいる。

太陽の塔 (新潮文庫)
太陽の塔 (新潮文庫)
posted with amazlet on 07.12.20
森見 登美彦
新潮社 (2006/05)
売り上げランキング: 1175

こちら。
この人、文体は固い。漢字も多いし難しい。
でも、いってることはくだらなかったりする。
そういうのは私には琴線モノなのです。

きつねのはなし
きつねのはなし
posted with amazlet on 07.12.20
森見 登美彦
新潮社 (2006/10/28)
売り上げランキング: 12670

こちら。
こちらはちょっと怖さもありつつ。気持ち悪いとこは、ほんとに目を逸らしたくもなるけど、
引き込まれる。

今もまた違う作品を読んでます。

それはまたおいおい。

ブログも凄い面白い。
なんか、だめっぽい感じなのに仰々しい。

でも、はてなダイアリーかー・・って思った。。

あと、ブログで「人肌魚」とか書いてあった。
ラーメンズ、好きなんだー。。
って。
なんかそこははずして欲しかったというか。。
うまくいえないけど思ったとおりになるなって言う感じ。
いいんですけど、面白いからいいんです。

それくらい面白い。

京都行きたい。

久々に次!次!って感じではまってるので
それが気持ちよくもあります。

2008年06月18日

わたしを離さないで を読んだ

これを読もうと思ったきっかけは、日経ビジネスオンライン、人類の未来に関する怖い話という記事を読んだことだった。

ところどころに、奇妙な言葉が埋め込まれている。「マダム」、「展示室」、「ファスナー」、「保護管」、「鉄条網」、「提供」、「回復室」といった具合で、裕福な子女教育の施設にしてはおかしな言葉が共通語として使われている。

この単語単語にはつながりがあるようには思えない。
久しぶりに、Amazonを使って本を買った。私は本屋が好きだし、手にとって確認してから購入したいほうだから。でも今回は、手元に届くまでのスピード重視。

はじめのほうは、ある程度穏やかに進んでいく。
でも、3分の1ほど読み進めると、のめり込んでいくのがわかった。
私は本を1冊読むのに1週間も2週間もかけることがざらなのに、後半半分は1日で読んでいた。
すごく、はらはらどきどきするような話ではないのだけど、話の続きが気になって仕方ない感じだった。
登場する、「提供」側の人間が、自分の運命を受け入れ、そのことで怒りや悲しみが生まれないことが通常。常識。
運命を受け入れている、というかそれは使命として、彼らではない人たちが思う、死よりも近い位置にある。
彼らの感情は私たちと同様にの生活の中で生まれている。その感情には共感できる。
それが怖さだった。誰かを恨んでも羨んでもいないことが怖いと思った。

そんで、すごく余韻が残る小説です。
私は外国の作品が感情移入できないからあんまりかと思っていたけど、ちがうものはちがうのだなと。

わたしを離さないで
わたしを離さないで
posted with amazlet at 08.06.18
カズオ イシグロ
早川書房
売り上げランキング: 9437

2008年07月09日

17歳のための世界と日本の見方―セイゴオ先生の人間文化講義 、読了。

無宗派の人間は、宗教というものは大なり小なりの偏見がある場合が多い。
それは私にも言えることなのだけど、何か言う前に理解はしたかった。

私は芸術が好きだけど、それも宗教というものがなければ偉大なる多くの芸術作品は
生まれていなかった。
政治、経済、芸術、文学、ことごとく。
そういうわけで、前職でお世話になった方に薦めてもらったこの本。

わかりやすかった、そして面白かった。

ちょっともう一回読み直してみようかと思うけど、特に気になった2点。

何かを起こすときは最初の10人を作り5年集中する。
キリスト教も、仏教も、今の社会も基本は同じなんだなーと思う。
「11人目」はたぶん残念な感じだ。

あと、ドストエフスキーの例のところ。
”「善」は「悪」がないと成り立たない”
善があるということは悪の存在を肯定するということなのだ。
これは、結構目からウロコだった。

宗教は己を納得させるためにあるのか。
作ったのは人だ。
編集してきたのは人。
編集されたものは言葉。
たったそれだけのものなのになんという強大な力。

面白いなー。

17歳のための世界と日本の見方―セイゴオ先生の人間文化講義
松岡 正剛
春秋社
売り上げランキング: 1788

2008年09月16日

幕末ブームに乗っかってみる

今世間は、篤姫のおかげで、何度目かの幕末ブームのようです。たぶん。
この夏、私にも4年ぶりで2度目の幕末ブームが到来しました。

でも、篤姫は見てません。でも、きっかけは篤姫だと思う。
堺雅人が篤姫で高い評価を得て、話題になっていたから。
堺雅人 は、同じく大河ドラマ新選組!で山南敬助を演じた時も絶賛だった。
そのときまんまと新選組!にはまった私は、ドラマはもう後半だったものの、毎回欠かさず見るようになってその年が明けた2月には京都で新選組めぐりをした。

その新選組!を初めから見ようと思ってできてなかったので、この機会に見ようと思ったのです。

新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX
ジェネオン エンタテインメント (2005-02-25)
売り上げランキング: 1563

当時は賛否両論だったけど、三谷幸喜脚本であの出演者だったから私にとって好きな作品になった。新選組を好きになったことで、歴史を好きになるきっかけになった。
新選組!は歴史どおりではなくても、それをきっかけに新選組だけでなく、幕末から明治維新にかけてを詳しく知りたいと思うということは結構すごいことなんじゃないかなあ。

燃えよ剣 (上巻) (新潮文庫)
司馬 遼太郎
新潮社
売り上げランキング: 1894

これは、とりあえず読むだろ。
司馬遼太郎作品の中でも読みやすいという、燃えよ剣。
面白い、本当に面白くてびっくりした。
歴史小説なのに読みやすいし。
歴史小説は、事実に基づいているから結末がどうなるのかは決まっている。
土方は、箱館で死ぬ。
ページが少なくなるということが、土方の死に近づいているっていう感じがして
読み進めたいような進めたくないような気持ちになる。
喧嘩師としてそれを貫いていくのはやはりかっこいいと思ってしまう。
悪く言おうと思えばいくらでもあるんだけど、私はこういう人が好きだ。

燃えよ剣、上下巻ほんとうにおすすめ。

あと、

壬生義士伝
壬生義士伝
posted with amazlet at 08.09.16
松竹 (2003-06-25)
売り上げランキング: 10745

も見ました。
あと、これは見ないとねということを言われたので。。
幕末純情伝 特別版
幕末純情伝 特別版
posted with amazlet at 08.09.16
パイオニアLDC (2002-02-22)
売り上げランキング: 36437

牧瀬理穂がかわいいです。

昨日、幕末維新展に行きました。
ペリー来航あたりから、安政の大獄、大政奉還、戊辰戦争、明治維新などなど。
結構知識が付いてきていて、理解しながら見れました。
場所 靖国神社遊就館 企画展示室 ~12月8日(月)200円。

新選組!は人気らしくなかなかレンタルができなくて昨日見た巻が9巻。
この巻には「友の死」(33/49)が入っています。
山南さんの切ない笑顔と、穏やかなしゃべり口調がとても胸を痛くします。
切腹のシーン、見ていられないほどの表情を見せる。隊士が目をそらさずに見守る。
みんな苦しい。つらい。
最後のシーンの近藤・土方に涙せずには居られません。

新選組!の近藤勇は、まじめで武士を貫いている。他で描かれる近藤勇は、タヌキっぽい
ことが多い様な気がするけれども。
いろんな書かれ方があるからこそおもしろいのです。

もうちょっと幕末ブームは続きます。


About 読本

ブログ「タイクツカラ」のカテゴリ「読本」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは行事です。

次のカテゴリは音楽です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34