メイン

映画 アーカイブ

2005年06月03日

同じ月を見ている

今日も雨で月は見えません。

続きを読む "同じ月を見ている" »

2006年09月04日

UDONを見た

映画、UDONを見ました。
出演者に嫌いな人いないなーと。
ユースケ・トータス・小西真奈美。
要潤、片桐仁、小日向さん。

%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%82%80%E3%82%89.jpg

香川の中村という、うどん屋に、3年ほど前行ったことがあるけど、カーナビもついてない車で
地図見ながら探し回ったことを思い出す。
すげーうまかった。
ほんとに、すげーうまかった。
サニーデイサービスのPVに出てたのは何の曲だったか。。

-検索します-

「今日を生きよう」

のようです。

サニーデイ気取り%E3%82%B5%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A4%E6%B0%97%E5%8F%96%E3%82%8A.jpg
店の横の植木のところで3人並んでうどんを食べている映像だった。
おんなじに友達3人で、並んでうどんを食べた。
暑い日、讃岐富士がなだらかな、うそみたいな曲線を描いていたのを思い出す。
なんだか、絵に描いたような天気のよさで、「夏の思い出」をかけながら歌いながら。

2006年09月25日

あたえられるか否か 〜徳川埋蔵金120年目の挑戦〜

http://wireworks.jp/maizokin/

渋谷UPLINKで見てきました。
埋蔵金といえば、糸井重里くらいしか思い出さなかったのだが、そしてそれもかなり昔の記憶だったのだが。

「かっこよすぎて、笑える」っていう感じは、結構久々だった。

出ない、と思うこともあると思う。
けど、やり続けられるのは「使命」だから。
夢とか、金とかより相当重い言葉ではある。

「使命」という言葉はかっこよすぎていい口実にはなってしまうのかもしれない。
という風に考えることもできるし、かっこ悪いのかも知れないけど、水野氏本人、この映画の監督嫌いじゃないです。

跡継ぎ、心配だなと思います。



------------------------------------
■TOPICS

徳川埋蔵金掘り3代目 水野智之氏の家業の看板制作・埋蔵金掘りを手伝える方を若干名募集しております。

住み込みで撮影した 当映画監督 の修行を体験してみませんか?

【勤務地】群馬県赤城村

【内容】看板制作

【給与】ほぼボランティアです。
-------------------------------------

-tips-
アップリンクのサイトにはGoogle Analyticsが入っている。ふむふむ。

2006年11月12日

「同じ月を見ている」をみた

同じ月を見ている
同じ月を見ている
posted with amazlet on 06.11.30
東映 (2006/05/21)
売り上げランキング: 30949


だいぶ前に公開されいつ見ようかと時期をうかがっていた。
ツタヤが半額だったので見ることに。

少し、感想等見て回ったけど全体的に好評っぽかった。
私は、原作を読んでるし、原作が大好きなので高評価はできないかなあと。
本当に好きな台詞があったんだけどそれがなかったこと、黒木メイサが私に合わなかったこと。
後者はもうどうしようもないんだけど、叫んでいるときの顔が違和感。
これは好みだからいいんだけど、前者は意図的なのかどうなのか、「え、ないの?」と思った。

最期、てっちゃんがドンちゃんに言った言葉で私は何回も泣いているし、それがこの作品の肝なのかと思ってたなあ。。
かなり土田節の効いた言葉だけど凄いなあと、とても響いた。
あと、「アメニモマケズ」もないんだなあ。

窪塚復帰作品だということですが、あんな目してたっけと思った。
なんか、小林賢太郎を思い出す口調だなと思いながら見ていました。

原作と映画、役がしっくりきてた一番の人は
岸田今日子さんでした。
素敵な女優さんだと思いました。

同じ月を見ている (4)
同じ月を見ている (4)
posted with amazlet on 06.11.30
土田 世紀
小学館
売り上げランキング: 108988

2006年12月05日

本当に薦めたい映画は「さらっと」がよい

今回、見た作品はこれ。

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離
ワーナー・ホーム・ビデオ (2006/07/14)
売り上げランキング: 23272

ある人がずーっと前から薦めてて、大好きな映画だというので期待してしまったのがよくありませんでした。
多分、偶然借りたんなら、別の感情で見終われていたと思う。期待した分見返りが必要になり、心に残らないなんていう結果になる。

恋のようなものが始まっていく様子とか、そんな時はいくら話しても話し足りないこととかそういうのは凄く伝わってきた。
だからこそ、前置きなしで見れたらよかったのかな。
だから、あんまりお勧めの映画を聞いたりしない様にしよう。自分が聞かれたらバック・トゥ・ザ・フューチャーとか言おう。
ベタなやつ。でも実際好きなやつ。
あんまり「いいよ!」って言わないほうがいいや。

2006年12月12日

当たりハズレは紙一重か

今回見た作品はまず

ブラックキス
ブラックキス
posted with amazlet on 06.12.11
アップリンク (2006/07/28)
売り上げランキング: 11051

これ。
いやー、びっくりした。
つまんなかった。
出演者が悪いわけじゃないので、期待しながら見た。途中、違和感を感じつつ、それでも信じてみた。

裏切られた。。
安藤政信はかっこいいけど、いる意味とかなかったような気がする。
とりあえず、DVDの特典映像で詳細説明をする手塚監督本人がある意味面白かった。
か、解説してるよ。。言い訳か。。?
てなな。
続編???
結構です

で、次。

ワンダフルライフ
ワンダフルライフ
posted with amazlet on 06.12.11
バンダイビジュアル (2003/03/28)
売り上げランキング: 7134

これは、誰に薦められたでもなく、なんとなく手にとって見た映画。
よかった。
色とか、雰囲気とかもさることながら考えさせられた映画だった。
生きてきた中で一番印象的で大事な思い出っていつなんだろう。なんなんだろうなあって考えた。
この映画が素敵だと思ったのは、死んでいることを死んでいるはずの人たちが素直に受け入れていることで、それに対しては違和感はあるのだけどそれがとても美しく感じた。
脇役陣、というか死んで、施設に来た人たちがとてもいい演技を見せてくれていて、演技、というと何か語弊があるような気がするなあ。と思わせるような1つ1つのシーンがよかったな。
特典映像の由利徹さんがたまらなかったです。

こうやって考えると、映画の当たりハズレって紙一重で、前回のエントリでも書いたけど偶然とかおすすめとかでも変わるし、出演者がどれだけ良くてもダメだと自分が思ったらもーダメなんですねえ。
そしてそれらは今後私の中で「ネタ」として扱われていくのです。中途半端な作品よりいいっちゃいいのかな。。

2007年03月12日

黄色っぽい映画館

世田谷線の三茶駅で映画のポスターを見た。
dogora.jpg
色彩に目を惹かれ、立ちどまった。
映画のポスターだと気づくのに少し時間がかかった。
電車が来てしまって、タイトルも覚えられないまま電車に乗ったのだけどあの映画が気になった。
覚えたキーワードは、「ルコント」。

調べてみると、ルコントは監督の名前で、フルネームはパトリス・ルコント。
「髪結いの亭主」など有名作品多数。
ちょうどその日からの上映だったと思う。場所は三軒茶屋中央劇場

いろいろ調べてわかったが、この映画館では映画は2本立て。1本の価格で2本立て続けに見ていい。
この映画館は、TheピーズのクズんなってGOのジャケット写真で見たことがあってちょっと感動。

パトリス・ルコントのDOGORA
内容は、監督がDOGORAという音楽と、カンボジアに衝撃を受けて撮ったという。
DOGORAとカンボジアが共鳴したみたいな感じだったと思う。
ドキュメンタリー映画という解説がされているが、ドキュメンタリーではない。
台詞もストーリーも何かをずっと追いかけているわけでもない。
ただ、ずっと風景と人間がスクリーンに映し出されていた。

光という光。
赤という赤。
影という影。
色という色。

それが音楽と、混ぜりあっていてじわじわ、じわじわと毛穴から入り込んでくる感じ。
というといいすぎだろうか。
感情が動かされるというのではなかった。
でも、嫌じゃなかったし退屈な映画ではなかった。

映画館とも合っていて、難しく考えないで見れたような気がする。
何も考えたくないとき、見るといいのかも知れない。
暗いのかも知れないけど。。

同時上映、グッドナイト&グッドラック。

グッドナイト&グッドラック 通常版
東北新社 (2006/11/22)
売り上げランキング: 6138

アメリカの歴史を勉強してもう一度みたい。
最後の最後の台詞が、圧巻。

2007年03月25日

パトリス・ルコントの名作を見た

髪結いの亭主
髪結いの亭主
posted with amazlet on 07.03.25
アミューズソフトエンタテインメント (2006/06/23)
売り上げランキング: 13759

作品の存在自体は、10年位前から知っていて、
当時はなんとなく、女子が見るような映画ではないんだろうと思っていた。

もう、そんなことも気にしない歳になったのもあり、ドゴラを見ていたこともあり。

女の人の裸が出てくるわけでもなく、ポルノ映画でもないのだけれど
凄く、エロティックだと感じた。
生活と性が共存している感じ。
それが、2人の中では不自然でなく、日常。
滑稽に踊られるダンスも、それらを際立たせていて監督のセンスを感じさせる。

90分くらいの作品だけど、濃い。かなりの名作。
最近の日本映画(ミニシアター系の)とかに結構近いものを感じた。

2人なら何もいらない、っていう感じのドラマとか映画とかは
先が読めたり、ハッピーエンドだったり、きれい過ぎたりっていうイメージだけど
それらが一切ない。
だからこそ、誰かに薦めるときはあまり固定観念を持たせないように
何も言わずに薦めたい一作。

★5つ。

2007年09月25日

列車に乗った男

列車に乗った男
列車に乗った男
posted with amazlet on 07.09.25
ポニーキャニオン (2004/10/20)
売り上げランキング: 33988

やっぱり、この監督の作品名は、なんだかすきなのです。
滑稽さを描写するのがとてもうまいなあと思う。

人であるということが、肯定されているような。
ただ、最後をどう解釈するかは人それぞれだと思うんだけど、
それが少し難しかった。
何回か見れば自分の中で筋が通っていきそうな気が、する。
まだ、自分は若いのかなと思った。
もっと歳をとればもっと面白いと思えるのかもしれない。

2008年02月25日

影の薄い存在感、もたいまさこ

かもめ食堂を見ました。

フィンランドが舞台で映像の光の感じや、ゆっくりと時間の流れる感じが伝わってきて
とても見心地のよい作品でした。

しかし、小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ。この三人はさすがです。
特にもたいまさこがツボでしかたなかった。

荷物が出てこない空港のもたいまさこ(後姿)。
森にいるもたいまさこ。
コーヒーを飲むもたいまさこ。
葉巻ともたいまさこ。
ネコともたいまさこ。
めがね、もたいまさこ。

この人好きだなーと本当に思いました。
悪意のない感じなのに、すべてを見せない感じ。。
ある意味ミステリアスと言えばいいのか、そういうのいらないのか。

完全に脇役な彼女が主役食ってるもの。

すてき!

かもめ食堂
かもめ食堂
posted with amazlet on 08.02.25
バップ (2006/09/27)
売り上げランキング: 228


ほんで、コーヒーおいしそー。

ではご唱和ください。

コピ・ルアック

2008年03月10日

逃亡くそたわけを三茶中央劇場で見た

http://www.cinehouse.co.jp/toubou/
久々に、中央劇場へ行ったのです。
この映画を、ここで見れたのはちょっとよかったな。
主題歌がピーズだから。

私は、この原作を読んでないし、これから読む予定もとりあえずないけど、小説がどんな風なのか
想像つかないな。

結構、面白かったと思う。
田舎を走り続ける感じは、温度とかにおいとかなんか想像できた。

はじめは九州の言葉がなれなかったけど後になってくると、違和感もなくなって来ました。
感情をさらすとき、方言てすごく伝わる感じがするな。

日が暮れても彼女と歩いてた、や、グライダーの流れる中央劇場はなんだか感慨深いものでした。

2008年07月01日

映画批評、3本立て

時をかける少女を見た。
この作品は、二つの意味で「口コミ」で話題になった。
これは、口コミで話題になって上映館が増えたり期間を延長したりっていうことと、
「口コミ」というマーケティング手法の先駆けといえるということ、両方の意味で。
別に誰かが仕掛けた口コミだったわけではないと思うんだけど。

空の青が印象的でした。
夏の暑さとか、高校生とかっていうのってそれを否定することは私にはできないなあ。
少女であるマコトがタイムリープする内容なんて藤子不二雄並の内容なんだけど
悪意がないしだからこそ、青春感動作として受け入れられる作品となったのだろう。

時をかける少女 通常版
角川エンタテインメント (2007-04-20)
売り上げランキング: 815

次にビフォア・サンセットを見た。
以前、ビフォア・サンライズを見ているけどそのときはあまり楽しめなかった。
内容もあんまり覚えてないくらい。
でも、今回は思ったより楽しめた。
あれから9年たって再会し話ははじまり本当に短い時間でその再会は終わる。
ハッピーエンドじゃない。
なんだかリアルだった。会うこと自体はリアルじゃないけどね、内容は。
結婚して子供がいたり、恋人がいたり、でもお互いがお互いのことを忘れられていなかったり。
この状況を変えることはできないとわかっているけど、再会のこの時間を少しでも引き延ばしたい、
っていうのとか。共感できる作品だと思った。

ビフォア・サンセット
ワーナー・ホーム・ビデオ (2006-07-14)
売り上げランキング: 3942

次に、秒速5センチメートル。
新海誠監督作品。
瞬間瞬間の描写がとても丁寧だなと思った。

秒速5センチメートル 通常版
コミックス・ウェーブ・フィルム (2007-07-19)
売り上げランキング: 685

というわけでここ最近、立て続けに見た3本の映画。
意図的に選んだわけではないが、この3本には共通点がある。
それは「時間」です。

時間は、言葉では解決できないすごく重要な軸。
流れる時間、過ぎ去った時間、長い時間、短い時間。
大切にしなければならない時間を、わからないままだなあと思う。
たぶん、永遠のテーマなのだと思う。
すべての人にとって。

制限された、果てしない時間そいうのがテーマの作品で、あったかい気持ちで
見終われる作品を偶然に立て続けに見た。

いろいろ言葉にできない想いがあるような気がする。
全部時間のせいにしてしまえばいいと思う。

2008年08月06日

宮崎駿、監督について

ぽにょを見に行くつもりでいる。
賛否両論あるようだけど、私は面白くなかったとは言わないと思う。

最近、批判というものを考えてみた。
批判とはなんなのか。誰のためにあるのか。
いいことが何一つないように思えた。

憎しみ、嫌悪、ねたみ、ひがみそれらを言葉に出すということ。
批判された本人及びその言葉を聞いた人はその憎しみ、嫌悪、ねたみ、ひがみを
真っ向から受け止めることになる。

憎しみ、嫌悪、ねたみ、ひがみ、または、虚栄心、知ったかぶり、わたしは人とは違うから、みたいなそういうかっこつけから批判はうまれるんだと思う。
気持ち良くない。きっとだれにとっても。
書いた本人で気持ちいいと思ってしまう人はいるだろうけど残念に思う。

私は、小さい頃から宮崎作品を見て育った。
金曜ロードショーをビデオにとって、何度も見ていた。
ほんとに、よかったなーと思える。
どの作品も幼い頃と今とで感じ方が違う。
それも子供の時に見ていないとそう思うこともできない。
小さい頃、心に残る場面は、楽しそうだったり、笑えたり、カッコ良かったりっていうインパクトのあるシーンが多いけど、大人になるとかっこ悪い部分や汚い部分、すごくきれいな風景の描写とか小さな頃の記憶にはないシーンが心に響いたりする。
絶対泣けなかったシーンで涙が出たりする。

だから、この監督の作品があって心からよかったと思えるから、この人がどんな作品を作っても私はそれを批判することはしないと思う。
宮崎駿という監督がとても好きだから。

今日プロフェッショナルを見ていて、かなり母親の存在に焦点を当てていたが、このやり方は宮崎監督じゃなければちょっとひくかもとも思う。多少の人は実際そうだったかも知れない。
でも、私はそれが彼の作品に色を持たせてきたのであれば歓迎すべきことだと思う。
この人は存在自体に魅力があって、こういった特番は好んで見ている。見たら映画が見たくなる。

とりあえず、ぽにょ見に行ってみようと思います。

2008年08月18日

ぽにょを見た

絵本みたい、だけではなかった。

なんでこの監督は、4,5歳の子の気持ちがこんなにわかるのか。
他人とは思えないような言動を宗介は何回もしていた。
自分が子供のころに見ていた視界。
何かを隠している時、母親がいなくて不安な気持ち。
好きなものを好きと素直に言えたり。

大事なものが今よりずっと大切だった。

この物語には悪がいない。
悪がいないということは善もないのだ。
ただ、人を想う気持ちがある。
人を好きでいる。

それがどれだけ幸せなことか。
疑いのないことが、どれだけ幸せなことか。

本当はすべての人に、楽しんだと言ってほしい作品だと思う。

2008年09月16日

幕末ブームに乗っかってみる

今世間は、篤姫のおかげで、何度目かの幕末ブームのようです。たぶん。
この夏、私にも4年ぶりで2度目の幕末ブームが到来しました。

でも、篤姫は見てません。でも、きっかけは篤姫だと思う。
堺雅人が篤姫で高い評価を得て、話題になっていたから。
堺雅人 は、同じく大河ドラマ新選組!で山南敬助を演じた時も絶賛だった。
そのときまんまと新選組!にはまった私は、ドラマはもう後半だったものの、毎回欠かさず見るようになってその年が明けた2月には京都で新選組めぐりをした。

その新選組!を初めから見ようと思ってできてなかったので、この機会に見ようと思ったのです。

新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX
ジェネオン エンタテインメント (2005-02-25)
売り上げランキング: 1563

当時は賛否両論だったけど、三谷幸喜脚本であの出演者だったから私にとって好きな作品になった。新選組を好きになったことで、歴史を好きになるきっかけになった。
新選組!は歴史どおりではなくても、それをきっかけに新選組だけでなく、幕末から明治維新にかけてを詳しく知りたいと思うということは結構すごいことなんじゃないかなあ。

燃えよ剣 (上巻) (新潮文庫)
司馬 遼太郎
新潮社
売り上げランキング: 1894

これは、とりあえず読むだろ。
司馬遼太郎作品の中でも読みやすいという、燃えよ剣。
面白い、本当に面白くてびっくりした。
歴史小説なのに読みやすいし。
歴史小説は、事実に基づいているから結末がどうなるのかは決まっている。
土方は、箱館で死ぬ。
ページが少なくなるということが、土方の死に近づいているっていう感じがして
読み進めたいような進めたくないような気持ちになる。
喧嘩師としてそれを貫いていくのはやはりかっこいいと思ってしまう。
悪く言おうと思えばいくらでもあるんだけど、私はこういう人が好きだ。

燃えよ剣、上下巻ほんとうにおすすめ。

あと、

壬生義士伝
壬生義士伝
posted with amazlet at 08.09.16
松竹 (2003-06-25)
売り上げランキング: 10745

も見ました。
あと、これは見ないとねということを言われたので。。
幕末純情伝 特別版
幕末純情伝 特別版
posted with amazlet at 08.09.16
パイオニアLDC (2002-02-22)
売り上げランキング: 36437

牧瀬理穂がかわいいです。

昨日、幕末維新展に行きました。
ペリー来航あたりから、安政の大獄、大政奉還、戊辰戦争、明治維新などなど。
結構知識が付いてきていて、理解しながら見れました。
場所 靖国神社遊就館 企画展示室 ~12月8日(月)200円。

新選組!は人気らしくなかなかレンタルができなくて昨日見た巻が9巻。
この巻には「友の死」(33/49)が入っています。
山南さんの切ない笑顔と、穏やかなしゃべり口調がとても胸を痛くします。
切腹のシーン、見ていられないほどの表情を見せる。隊士が目をそらさずに見守る。
みんな苦しい。つらい。
最後のシーンの近藤・土方に涙せずには居られません。

新選組!の近藤勇は、まじめで武士を貫いている。他で描かれる近藤勇は、タヌキっぽい
ことが多い様な気がするけれども。
いろんな書かれ方があるからこそおもしろいのです。

もうちょっと幕末ブームは続きます。


2008年09月17日

真の革命家とは技術者であると

そんなこんなで長州ファイブを見ました。

長州ファイブ
長州ファイブ
posted with amazlet at 08.09.17
ケンメディア (2007-09-28)
売り上げランキング: 4389

攘夷、攘夷と言っているが、本当の攘夷とは何だ、異国の知識と技術を取り入れてそれから富国強兵をするんじゃーっていう5人。
外国を初めて見る日本人が面白かった。

生きたる機械になろうと言い合って、技術を学んでいく。
そこで外人の男性が、「技術者が、真の革命家だ」というようなことをいう。
おお、と思った。
当時の日本にしたら間違いなくそうだ。

今でもそれは同じだけど、学ばければならないという気持ちと、背負うものの大きさは
当時ならではなのかもしれない。

2008年09月18日

瘋癲

フーテンと読みます。

第29作 男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋
松竹 (2008-10-29)
売り上げランキング: 16050

私は「男がつらいよ」はすきです。
笑えるし、泣けるし、グッときます。
たぶん、男はつらいよが好きな人はだめな感じの人間が多いんだろうけど
大事なことはたぶん分かっている人でもあると思う。
そうであってほしい。

みんなそれぞれそれなりに生きていて、いいなあと思う。

ちょっとずつ見ていきたいなあと思う。

About 映画

ブログ「タイクツカラ」のカテゴリ「映画」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは広告です。

次のカテゴリは独り言です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34