« 「うける」のちがい | メイン | 理解をする努力 »

視覚・聴覚・触覚で感じるWebデザイン

中村勇吾のインタラクティブデザイン展を終了日2日前に見に行った。

http://tha.jp/exhibition/

気持ち悪いと、気持ちいいは紙一重なのかと。

ひとつひとつの展示っていうより空間が作品。
ひとつひとつも引きつける魅力がありなんだか何も考えることもできずただただ眺めていた。
一分ごとに全てのモニタが赤緑青と秒を刻むのでそのたび正気に戻される。

なんだかずっといると、頭がおかしくなってしまうんじゃないかと。
何も考えられなくなって気が狂ってしまうのがかっこいいみたいなのって、あるよね。

気持ちいいんだけど結構、ギリギリのラインをうまいこと見つけてる感じがした。
さすがっす。
これがあれか、

「言語に依存しない気持ちよさ」

以前、NHKのプロフェッショナルで言っていた。

NBOの参考記事)

私はこれが好きです。MORISAWA fontpark2.0。
http://fontpark.morisawa.co.jp/
音と、感触が絶妙。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.4saiji.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/134

コメント (1)

www.4saiji.com - da mejor. Guardar va!
Have a nice day

DingoDogg

コメントを投稿

About

2008年08月29日 01:37に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「「うける」のちがい」です。

次の投稿は「理解をする努力」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34