« 2008年02月 | メイン | 2008年04月 »

2008年03月 アーカイブ

2008年03月08日

邪悪な広告と邪悪ではない広告

このタイトルの件に関しては、この何ヶ月か少し考えていたテーマではあるのだけど
とりあえずまとまりはしないので文章にしてみる。
この「邪悪な広告」という表現は、ある人が私の前で口にした言葉だ。そんなにこれに関して議論したわけではないがこの言葉の響きが、妙に離れなかったので考えざるを得なくなっていた。
なぜ、この邪悪な広告という言葉がこんなに気にかかったかを考えてみようと思う。

特にインターネットの広告に関して。

ポータルサイトであったり、それに近い何か無料のサービスをユーザーに提供しているサイトを持っている企業は、大なり小なりとりあえず「媒体」である。
(広告代理店の経理担当なんかにしたら、みんな同じ扱い。天下のグーグルも馬の骨ポータルも。
星の数ほどの仕入先。毎月毎月消えては増える。大変そう・・)
インターネットで何か新しいサービス、商品を。となったとき、じゃあどうやって利益を得るかとなる。
一般市民は、無形サービスにお金を払うことをあまりしない。ソフトやツールはフリーの同じようなのがそこらへんに転がってるだろと思うことは間違いないので、無料のサービスを提供してPVや会員を増やして、広告載せてお金とってというところに落ち着くのがパターン。はい、媒体のできあがり。

そんな中、これはひどいなーっていう広告の出し方は幾度か目にした。
SEOのためのリンクも併せて。。

でも、邪悪っていうのとは違うーって思った。
邪悪っていう言葉ってちょっと怖いっていうか、それは絶対に受け入れられないって言う意味が感じ取れる。

ネットの世界は新しいサービスが出来るのも早いが、消えるのも早い。ある枠に広告を載せたいと思う人が多いほど、その広告枠は存続は長いだろうということになる。
ほしい人がいるから売る。
いなかったらなくなる。
もしもそれが邪悪な広告と誰かが思ったとしてもだ。
邪悪ではない広告がガンガン売れるかというとそれも違う。

媒体の質によるんだろうなと思う。
あんまりよくない広告の出し方をしてたとしても、そのサイトの情報が優れたものだったらユーザーは集まり、評価は上がるだろう。広告も売れる。

一部のインターネットマニアみたいな人たちは、まー私も含めて。こんなとこに広告出してまで売りたいか?とか思うけど一般の多くにとっては関係ないものなのだろう。

結局のところ実際私が引っかかったのは言葉の使い方だったのかと思った。
邪悪っていう言い方が気に入らなかったのだと思う。

悪質な広告はあると思うけど、出し方に限っていえばどこのサイトも大差はないと思う。
まあバランスよくやるのがいいよね。

まとまらなかった。。今日も。。

続きを読む "邪悪な広告と邪悪ではない広告" »

京都のことになると、殊更ただの人になる

最近TVCMをやっていた。http://kyoto.jr-central.co.jp/kyoto.nsf/doc/2008-sakura-cm

これほど簡単に広告で心を動かされていいのか?
毎回毎回。
こんな単純でいいの?
と思ってしまうけど、もうしかたのないことなのだ。

京都行きたいなあ。と。
桜見に。。紅葉逃したからなあ。

子供がディズニーランドのCMを見るよりもっと症状がひどいと思います。
http://jr-central.co.jp/museum/kyoto/spring_2008_02.html
くそー。これいいなあ。今までの見れちゃう。

広告に乗せられて新幹線にも乗せられて。。

おあとが・・

2008年03月10日

逃亡くそたわけを三茶中央劇場で見た

http://www.cinehouse.co.jp/toubou/
久々に、中央劇場へ行ったのです。
この映画を、ここで見れたのはちょっとよかったな。
主題歌がピーズだから。

私は、この原作を読んでないし、これから読む予定もとりあえずないけど、小説がどんな風なのか
想像つかないな。

結構、面白かったと思う。
田舎を走り続ける感じは、温度とかにおいとかなんか想像できた。

はじめは九州の言葉がなれなかったけど後になってくると、違和感もなくなって来ました。
感情をさらすとき、方言てすごく伝わる感じがするな。

日が暮れても彼女と歩いてた、や、グライダーの流れる中央劇場はなんだか感慨深いものでした。

2008年03月21日

今日が寒いといっても、凍えるほどではない

春分の日を過ぎて、陽も長くなりました。
散歩日和の日々です。
今日と、昨日は雨で気温も低かったけど、芯から冷える感じでもないし
春が近づいている感じでいい。

もうすぐ、桜の季節ですが、どこに行っても混んでます。
今月号のmetro min.に、早朝の千鳥ヶ淵が載っていました。
夜桜は、酔っ払いが多かったり、少し気味が悪かったりするけど
早朝の桜はいいかもしれません。

そういえば、最近、坂口安吾「桜の森の満開の下」を読みました。思ったより壮絶な内容だったけど、そのエグさと対比して、桜の、気持ち悪いほどの美しさが想像できた。

ともあれ、青空文庫は最近ケータイから活用させてもらっている。
とても便利。名作が手軽に読める。でも地下鉄になってから不便だなあ。
「山月記」「走れメロス」とか読みました。

私は、一番近い桜の名所は下高井戸だと思うから、早朝に訪れてみたいと思います。
あと、夜明けに円山公園の桜が独り占めできたら幸せだなあ。

About 2008年03月

2008年03月にブログ「タイクツカラ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年02月です。

次のアーカイブは2008年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34