« 2006年09月 | メイン | 2006年11月 »

2006年10月 アーカイブ

2006年10月16日

パラダイムシフト

以前、
都合のいい言葉
というエントリをかきました。
が、
最近、ちょっとずつマーケティングがわかってきたような気がする。
手法とかはまだまだですが、言葉の意味や空気的なもの。

このエントリで

以前は、企業が産み出す商品自体が「マス」を対象にしたものが多かったからこそ、マス・マーケティング、マス・メディアが“効いていた”。しかしながら、最近はよりコンシューマのライフスタイル・嗜好の細分化にあわせた商品が多数産み出されてきているため、そのマーケットサイズにあわせると「マス」なメディアがフィットしなくなってきてるケースも多いのである。

以上のように書いていらっしゃる(恐れ多い)けれど、ここのところこういう話を耳にする、または肌で感じることが増えた。
前者の「マーケティング」を不必要だと思わない。
マーケティングが生業の一部になって長い人たちのパラダイムシフトは難しいし、それに絶対必要だもの、そういう知識。。
今、自分の仕事上含め接点が多い部分に後者めいたところが多いからって、
「AIDMA」なんて古いぜ。時代は「AISAS」だぜ、なんて言うような人に、
後者がわかったふりで「マーケティング」のやり方は変わったんですよ。
って言うような人にはなりたくないので、やっぱマーケティングは一から学ぶほうがよいのですね。

 自分の興味が、最近マーケティングのほうを向いているなーと思う。

2006年10月22日

「鎌倉」の温度

鎌倉にいきました。
今まで行こう行こうと言っていて、
雨ばかりだったので念願の鎌倉。

江ノ電に乗り、長谷駅で降りて海沿いのお店でお昼ごはんにした。

麻心というお店。2階がお店になってて海が望める。素敵な立地です。
ヘンプのグッズや、民族楽器がおいてあったり、
食材も「The organic & Hemp Style Cafe & Bar」というだけあってとても体に優しい感じ。
天気もよくて、それ以上に気温がなんか、すごかった。
magokoro.jpg
ひよこ豆と夏野菜の麻の実カレー

一緒に行った3人共、あんまりなんにもしゃべらず呆けていました。たまに気づいたように口を開いて
「やばいね」
と。
フィルムの映像のような空気。
寒くなくて暑くなくて、からだにとって最適な温度だった。全身をゆだねていたいと時間を忘れてしまいました。
その後、海に行ったり、大仏を見たりしたけれどその「空気」はずーっとついてきていて。
完璧な土曜日だったと思う。

ひとつの場所に長居してしまうのでまだまだ見たいところがたくさんあるし、とても素敵なところなのでまたそのうち行きたい、行かなければ。。

一緒に行った友達の感じ方がみんななんか似てたからこそのいい時間だったのだと思う。
幸せです。

2006年10月26日

衝動買い、in BOOKOFF

夏目漱石をいまさらだが読もうと思っていた。
結構前から。
とりあえず、三部作、「三四郎」「それから」。
間違えて「門」ではなく「こころ」を買った。

だけど、それ以外にも、なんか2000円分くらい買ってしまった。13点。
Amazonからもそのうち2冊届くのに。。
読む時間あるのかな。

でもすげー気持ちいいものです。
新書で買えば5倍くらいの値段になるから、BOOKOFFはありがたい。
そして、「古本屋」では買いにくいベタな本、(夏目漱石とかね)が買いやすいからいいのだ。
週末は古本祭りに行くのだ。
とりあえず、読まなかったをなくします。

2006年10月29日

「バイク 買取」で検索すること。

バイクを売ろうと思う。

バイクの買取は需要のあるサービス。
2006年 9月、オーバーチュアキーワードアドバイスツールでは、「買取」系で車より件索数がおおい。
51908 バイク 買取
47538 車 買取
19568 買取

実際、1クリックの単価も1,500円以上だったりする。

バイクを買うのはすごく自分にとっては大きな買い物だし
売るのもすごく苦悩する。
たくさん思い出があるからこそ。

今回、いくつか査定にかけた。
来週査定に来てくれるのは韋駄天というところ。
買い叩かれるのはわかってるんだけど、もう重荷になってしまっている彼女を置いておくのはできないかなあっていうところまできてしまったのだと思う。
このキーワードで検索するとは少し前までならありえなかったのだけど。
そんな日が来てしまう。

だけど、SRに乗ってて、2輪の免許を取ってほんとによかったとそこは疑う余地もなく。
また、乗りたいとも思う。

いつか、また。

2006年10月31日

重きを置く。

自分が、大切にしているのは、
人とのつながりだということに気づく。

だからそれがなくなるとき、
そのコミュニティにいる意味がなくなる。
そのコミュニティでの大事にしていたつながりが半減以下に下がるなら新しいコミュニティに移ることを考える。

新しいつながりが成功するとは一概に言えないけど、exciting、なのである。
新しいつながりは社会人になると難しい部分もあるので私は自分の知り合いはつなげていこうと最近は思っている。

やっぱ、そういうのはリアルがいい。

About 2006年10月

2006年10月にブログ「タイクツカラ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2006年09月です。

次のアーカイブは2006年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34